食洗機のメリットデメリットはこちら!⇨ CLICK!

ホットクックと煮込み自慢何が違うの?

日々愛用している煮込み自慢ですが、購入する時にシャープさんのホットクック はどうかな?と思ったことがありました。とっても人気ですよね😀
個人的にはおしゃれなキッチンにポンと置いてあるイメージ〜♡

スペックを比較して我が家では煮込み自慢を選びましたが、いまだ気になります!

目次

ホットクックと煮込み自慢の比較

今回は煮込み自慢となにが違うのか比較してみます♪

ホットクックとは

ホットクックとは、シャープ ヘルシオの調理家電です。

食材に含まれる水分のみで調理する「無水調理」や、仕上がり時間を設定できる「予約調理」、調理中自動でかき混ぜをしてくれる「まぜ技ユニット」を備えているのが特徴で、材料を入れたら、スイッチひとつで美味しいご飯が簡単にできちゃうスゴい家電です!

ただちょっとお伝えしたいのは

ホットクック は電気圧力鍋ではないということです。

煮込み自慢(EL-MB30)との共通点は

  • 無水調理ができる
  • 予約調理もできるので朝セットすれば夜できている時短家電
  • 保温・温め直し可能
  • メニューで自動火加減

基本的にはほったらかしで料理ができている時短家電というところは似ています😀

ホットクック にできて煮込み自慢にはない所でいいな〜と思うもの

  • 自動かきまぜ
  • 煮詰め(ない機種もあります)
  • AI搭載・クラウドサービスからメニューが増やせる・作り方案内してくれる・スマホアプリと連携(ない機種もあります)
  • 内なべの蓋がついている

ホットクック の最大の特徴は自動かきまぜ
蓋をあけてまぜるという地味にめんどくさい、(かき混ぜたヘラどこに置けばいいの〜お皿の上〜洗い物増える〜)と言う、あの地味なストレスから解放されると思うと非常に魅力的です!

炒め・煮詰めも煮込み自慢にはない機能なのでいいな〜と思います。
もうこれで完全にコンロを廃止できると思います。
メニューがどんどん増えるのも魅力的です。

内なべの蓋!!!欲しいです!!今は煮込み自慢の内なべにぴったり合う鍋の蓋があったのでそれを使っています(笑)が、最初から付属でついてくるのがいい!と思っています。

【メニューをダウンロードして自動調理が可能!ジッパー付き保存袋で低温調理が可能に!フッ素コートで洗いやすくなった新型ホットクックです!】

象印の電気圧力鍋煮込み自慢は?

ここまでホットクック のいい所を書きましたが、象印の煮込み自慢は圧力鍋ですので、圧力鍋ならではの良いところがあります。

最大の特徴は煮崩れしにくい加圧で食材を柔らかくします
加圧することにより、具材の細胞の壁が壊れて個々の細胞から旨みがにじみ出る!のだそうです。
細胞レベルで食材を柔らかくするのが圧力鍋のいいところです。


そして煮込み自慢には、他の電気圧力鍋には無い「可変圧力」という機能で対流を起こし、だしに浸かっていない部分まで味を染み込ませるという擬似かきまぜがついています!

なので、かき混ぜなくても味が染みた柔らかいおかずがスイッチひとつで出来ちゃいます!

しかも煮込み自慢は電気圧力鍋では唯一のIHの高火力!!
具材にむらなく熱を伝えるので本格的な味わいに!

結局どっちがいいの?

我が家では、炊飯器の代わりにするということが前提だったので、炊飯器でご飯炊くならIHの高火力でふっくら美味しいご飯がいい!と思っていたので、煮込み自慢を購入しました😀

野菜もお肉も箸で切れるほど柔らかい!美味しいご飯も炊きたい!味しみしみがいい!という方は煮込み自慢がおすすめです😀

しかし、家族が3人になった今、おかず作りは1.5Lの煮込み自慢だと足りない時があると感じています。
おかず作りメイン&家族3人以上の料理なら2.4Lのホットクックがおすすめです😀

一口にホットクックと言っても、ホットクックだけで10種類ありますので、ぜひご家庭に合う物を見つけてくださいね♪

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる